SGLT2阻害剤、インクレチン療法など、最先端の医療をご希望の方は、ぜひ、当院を受診ください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • 03-3234-6060

薬:解説。ビルダグリプチン(一般名)。エクア(商品名)

商品名、エクア。 
equa

この薬の作用と効果について


 血糖値を調節するホルモンであるインクレチンを分解する酵素を阻害し、血糖値に応じてインスリンの分泌を促進するなどして、血糖コントロールを改善します。
通常、2型糖尿病の治療に用いられます。
次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。
 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、1型糖尿病、肝機能障害、感染症、手術前後、外傷がある。

 妊娠または授乳中

 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

 

用法・用量(この薬の使い方)


 通常、成人は1回1錠(主成分として50mg)を1日2回朝、夕に服用します。症状により1回1錠(50mg)を1日1回朝服用とされる場合があります。必ず指示された服用方法に従ってください。
 中等度以上の腎機能障害のある患者または透析中の末期腎不全患者:1回1錠(50mg)を1日1回朝服用とされる場合があります。必ず指示された服用方法に従ってください。
 肝機能障害(肝炎を含む)が現れることがあるので、本剤投与開始前、投与開始後1年間は少なくとも3ヶ月毎に、その後も定期的に肝機能検査を行うこと。
 飲み忘れた場合は、気がついた時に1回分を飲んでください。ただし、次の飲む時間が近い場合は1回とばして、次の時間に1回分飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

 

生活上の注意


 指示された食事療法や運動療法をきちんと守ってください。
 低血糖症状を起こすおそれがありますので、高所での作業や車の運転など危険を伴う機械の操作には注意してください。
 低血糖症状が起こった時には十分量の糖分(砂糖、ブドウ糖、清涼飲料水など)をとるようにしてください。α-グルコシダーゼ阻害剤(糖分の吸収を遅らせる薬)と同時に服用中の方は、低血糖症状が起こった時にはブドウ糖をとるようにしてください。

 

 ノバルティスファーマ株式会社 エクアの解説ページへのリンク