SGLT2阻害剤、インクレチン療法など、最先端の医療をご希望の方は、ぜひ、当院を受診ください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • 03-3234-6060

糖尿病外来の治療成績がよい理由

血糖コントロールの治療成績が、よい理由。

 糖尿病医療においては、血糖コントロールをよくしようと思えば、最先端の医療を、咀嚼して、医師が、患者さんと一緒に個別な治療を薦めていくところの先に、到達点が見つかるものです。その為には、よく勉強し、学問にはげみ、医師は、いつも先端医療に触れていなくてはいけません。学会発表の数、講演の数が多いのは、その裏付けともなっています。そして、この治療ではダメでも、別の治療はOK、というような試行錯誤は、普段から、日常診療で行ってます。

 

当院の中で、様々な診断が完結する理由

 ●当院には、循環器外来、呼吸器外来、などが並列して、診察が可能なので、糖尿病に関係した様々な診断が可能になっています。さらに、鈴木院長の専門は、糖尿病神経障害です。ですから、神経、心臓、呼吸器、と、内臓疾患において重要な臓器について、細かな検査や診断が可能なのです。また、眼科医師が人間ドックの担当医師として来院していただいているので、眼底検査も専門的な診断を下しています。こうした、糖尿病治療に必要な様々な疾患に対する診断が、当院内で完結しています。さらに、慶應病院や済生会中央病院などとの病診連携医療機関になっているため、大学レベルとのパイプが強く、それも、診断レベルの向上に役立っています。

他院では、できない検査が、当院では、可能になる理由

 ●当院は、日本において、人間ドック発祥のクリニックであり、様々な歴史があります。人間ドックについては、歴史的に有名なため、検査技師や検査システムの充実は、他の通常のクリニックとは、全く異なるシステムを有しております。また、糖尿病神経障害については、鈴木院長が専門領域のため、神経伝導速度は、外来患者において、全員に検査をうけていただいております。

世界中から、患者様が集まる理由

 ● 鈴木院長の書籍が、海外で翻訳されていることもあり、海外の患者様が多いのが、本院の特徴です。英国大使館も近いので、英語での診察も、日常的です。

 

メニュー

鈴木吉彦

 

江本直也

目黒周

 

松崎素子